家田荘子さん坂口杏里さんに向けてYou Tube!

ATTENTION
スポンサーリンク

スポンサーリンク


『極道の妻たち(ごくどうのおんなたち)』『イエローキャブ (成田を飛び立った女たち)』等ノンフィクション作家であり高野山真言宗僧侶でもある家田荘子さん。

その家田荘子さんが、今話題の主である坂口杏里さんへ17日、動画を投稿しました。

家田荘子さんが坂口杏里さんに投稿した内容は

家田荘子さんはコロナ禍での最初の緊急事態宣言でYouTube法話を開設されましたが、そこからインタビューを中心にするYouTubeに変更し、そこではもがきながらも頑張ろうとしている方、ちょっと道から外れちゃったけれど、前を向いてリカバリーした方、知り得なかった世界で逞しく生きている方・・・などを中心にYouTube家田荘子チャンネル「ダークサイドバラエティ」を届けられてきました。

2020年9月からスタートした『家田荘子ちゃんねる』は「『セカンドチャンス』の取材活動として、様々な方と取材し、対談相手の方・視聴者様に<一歩を踏み出す勇気>を与えられる様なチャンネルにしたいと思っております」

対談の相手は対談相手は芸能人だけでなく、事故物件の情報提供サイトを運営する大島てる氏や
和歌山毒物カレー事件で死刑が確定した林真須美死刑囚の親族、オウム真理教元幹部で「ひかりの輪」代表の上祐史浩氏などその人選には驚きを隠せないほどです。

そんな中、ことしの2月に以前より坂口杏里さんと対談がしたいと思っていた家田荘子さんはYouTubeスタッフを通じて出演依頼をしました。

それから坂口さんとのやり取りが始まり、出演するには前金を払って欲しいとの要望があったそうです。


スポンサーリンク


「今日か明日の振り込みがあれば、ぜひ出演させて頂きます」と返答があり、スタッフは彼女を信用して坂口杏里さんの口座に振り込みしましたが、それ以来全く連絡がとれないそうです。

以降スタッフは何度もコンタクトを試みるも、全く応答がない。やっと7月に返信が来たのだが、「ギャランティはもう発生いたしませんかね??」と不可解な内容だったため、スタッフは出演料を振り込んだことを証明する画像を送って説明したところ、再び連絡が取れなくなったようだ。

そのやり取りが動画でも公開されています。

元ご主人の進一さんに貸したお金を返すように、そのことでのいざこざなどから離婚に至ったと坂口杏里さん本人が言ってるように、人に対してはとても厳しいのに、自分のこととなると随分ルーズなようですね。

今回、家田荘子さんがこのような行動を起こしたのには、坂口杏里さんとどうしても話がしたいという熱い思いを伝えたかっただけでなく、「もしかしたら私たちと同じような経験をされて、困っている方がいるかもしれない」との考えもあったからとのこと。

最後に家田氏は「坂口杏里さん、ぜひ連絡をください」「もし坂口杏里さんの親しい方や知り合いの方がこのYouTubeを見ていらしたら“家田がとても会いたがってる”と伝えて欲しいと語っています。

坂口杏里さんが、家田荘子さんと話せると良いなと思いながら、1度や2度話しても簡単には彼女の心を変えることは出来ないだろうなって思います。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました