唐田えりかさん復帰も謝罪はなし

ATTENTION
スポンサーリンク

映画『の方へ、流れる』で本格復帰した唐田えりかさん(25才)。

2021年9月に東京コレクションで発表された短編映画『something in the air』に主演するなど、最近は少しずつ女優活動を再開していましたが、今回の『の方へ、流れる』は3年ぶりの長編映画主演です。

唐田えりかさん舞台挨拶で涙

初日舞台挨拶が11月26日、都内で行われ、この映画で主演の里美を演じる唐田えりかさんが

登壇しました。

その挨拶の場面では涙を見せるところもあったとか。

きっと感極まったのだと思われます。

2020年1月に東出昌大さん(34才)との不倫が週刊文春で報じられ、事実上の活動休止状態でした。

当時出演していたTBS系ドラマ『病室で念仏を唱えないでください』は2話で降板となり、放送予定だったテレビ東京系『100文字アイデアをドラマにした!』の唐田さんの出演回は別の番組に差し替えとなりました。

そして不倫報道をきっかけに、東出昌大さんと杏さん(36才)は離婚したことは、まだ記憶に新しいですね。

唐田えりかさん謝罪なし

丁度杏さんがフランスに移住したばかりのタイミングで唐田えりかさんが復帰したというのは何だかなって思ってしまう方も多くいるようですが、その気持ちは分かりますよね。

そのタイミングを狙ったわけではないのでしょうが、良い印象ではないのは確かです。

唐田えりかさんが、杏さんにきちんとした形で謝罪していて一つ区切りをしていれば見る側の我々の印象も違ったものになっていたと思われます。

まだ25才と言う若さで完璧な対応を求めるのは難しいのかもしれませんが、杏さんとその子供達に大きなダメージを与えたことは事実です。

謝罪の言葉は不可欠なものだったように思います。


スポンサーリンク


丁度杏さんがフランスに移住して、唐田えりかさんがなんとなく復帰というのは印象はあまり良いものだとは言えない気がします。

唐田えりかさんの演技力

ただ唐田えりかさんの女優としての演技力は評価されていて、今回の映画『の方へ、流れる』ではオーディションで主役を勝ち取ったそうです。

映画やエンタメ情報を発信するウェブサイト『クランクイン!』のインタビューで唐田は、
『の方へ、流れる』の竹馬靖具監督作品の不思議な世界観について、〈自分もそういった世界に入ってみたくなり、オーディションには絶対受かりたいと思ったんです〉と語っている。さらに、女優の仕事を休止している間、所属事務所のスタッフに支えられたとのことで、〈いいお芝居をすることで、大切な人たちに恩返しをしたいという思いが、
女優業への強い原動力になっています〉と話している。

NEWSポストセブンより

唐田えりかさんは、恩返ししたいということですが、その前に謝罪を求める声も多くあるのも確かです。

世の中には様々な意見があり、そのどれにも応えることは中々難しいものがあります。

東出昌大さんとの不倫により知名度は上がったのは事実なので、割り切ってこの状況を利用するほか無いのかもしれません。

おわりに

唐田えりかさんの復帰について書かせていただきました。

きっと今まで唐田えりかさんは苦しんだことでしょう。

でももっと苦しんだのは杏さんではないでしょうか。

でももう起きたことは元にはもどせません。

前に向いて進むしかありません。

これからの唐田えりかさんを見ていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました