陽春園 園芸愛好家を牽引

お出かけスポット
スポンサーリンク

スポンサーリンク


宝塚市は全国的に植木の街として有名で、中でも山本地区は植木屋さんがとても多く、園芸振興施設としてのあいあいパークも存在しています。

そんな植木産業が盛んな山本地区の中でも特に有名な陽春園は園芸を愛する人たちにとってはとても心強い存在です。

陽春園はなんと明治18年の創業です。

県外からも多くの愛好家が訪れます。

最初に陽春園を訪れたときは、時間も忘れて園内を見て回りときめいたことを思い出します。

今でも訪れる度癒やされています。

陽春園 園芸愛好家を牽引

陽春園は大きなメタセコイヤの木が目印です。

冬になると葉が全くなくなり上の方に鳥が造った巣が丸見えになったりして驚きますが、鳥の方もきっと丸見えになってびっくりしていることでしょう。

そのメタセコイヤも春になり夏も近づくと青々と葉が茂り、その生命力に感動さえします。

1000坪の園内には、さまざまなモデル庭園、多種多様なガーデニング用草花そしてお洒落なガーデニング用品、普段あまり見かけられない珍しいプランツ、又知識・経験が豊富なスタッフが色々な質問にも親切にアドバイスしてくれ私たちのニーズに応えてくれます。

陽春園はいつも時代を先取りして園芸愛好家を牽引してきました。

ガーデニング向けの木や草花は勿論、園内には大温室もあって時代に合った観葉植物、多肉植物、エアプランツなど何処よりも早く取りそろえ私たちを満足させてくれます。

我が家のサボテン、多肉植物は全て陽春園生まれです。

陽春園で購入したガーデニング草花はとても強く長持ちすると評判です。

私も絶大な信頼をおいています。

パルダリウムカフェ

2009年には園内にカフェをオープンし、滞在型ガーデンセンターの草分け的存在になりました。

そのカフェオープンの際にはいち早く訪れ、コーヒーとワッフルを頂きました。

時代に先駆けて出来た園内カフェでしたが、最近ではこのようなスタイルのお店が増える中、陽春園では更に一歩先を行く、パルダリウムカフェにリニューアルしました。

パルダリウムは熱帯雨林をコンパクトに再現したような水槽でインテリアとしても洗練された雰囲気を演出できると本格ブーム到来中なのです。

そんなバリダリウムを壁面に4つはめ込み、又こちらも人気の苔テラリウムがあちこちにハンギングされていてとてもおしゃれに変貌しました。

View this post on Instagram

スポンサーリンク


陽春園(@yoshunen)がシェアした投稿

Instagramより

これこそ園内カフェの最先端と言って良いでしょう。

パルダリウムはパルコジョキで

パルダリウムは意外に簡単に始められるそう。

と言うことでパルダリウムをすぐに始められる素材もパルコジョキで揃えることが出来ます。

Instagramより

勿論相談にも乗ってくれます。

このパルコジョキでは苔テラリウムやパルダリウムのつくり方のワークショップも行っています。

至れり尽くせりですね。

おわりに

最近ではガーデニングを楽しむ人々が増えてきました。

皆さんそれぞれの好みを生かして個性豊かに楽しまれています。

若い方の間では、たくさんの花が一度に楽しめる寄せ植えやお手入れが手軽なエアープランツなどが人気なのだそう。

時代のニーズに合わせて、緑のある暮らしを提案するスタイルをこれからも続けて欲しいと願っています。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました